So-net無料ブログ作成
検索選択

危機はなんとか乗り切ったと信じたい…災害関連リンク集・追補版

久々に報道を見ていて泣きました。
東京消防庁が会見、放水の現場語る >
会見の全容はこちら(ちょいと画像が雑です)。
<消防放水「命中を確信」/涙の隊長、家族に陳謝>
<冨岡隊長は「大変だったことは」と問われると、「隊員です」と言って10秒ほど沈黙。涙を浮かべ、声を震わせながら、「隊員は非常に士気が高く、みんな一生懸命やってくれた。残された家族ですね。本当に申し訳ない。この場を借りておわびとお礼を申し上げたい」と言った。
 高山隊長は18日、職場から直接現地に向かった。妻に「安心して待っていて」とメールで伝えると、「信じて待っています」と返信があったという。
 佐藤総隊長も妻にメールで出動を伝えた。「日本の救世主になってください」が返事だった。>
福島原発に関しては、高レベル放射能が出続けている状況です。
加えて、これからの課題は無数に出てくるでしょう。
各論はぜひ専門家の間でコトが落ち着いたら喧々諤々とやっていただき、御用学者は吊るされなければならないと思います。
しかし現状、とにかく最悪のシナリオからはなんとかなりつつある、すなわち
チェルノブイリにはならない」
あるいは
「スリーマイル島の一歩手前でくい止めた」
といえる段階になりつつあるようです。
これについてはまさに日本の救世主の皆様…自衛隊・警察・消防・海上保安庁・東芝や日立といった原発関連の企業の方々の決死の突入があってのこと。
しかも無事に使命を果たして生還されたわけで、これが連動して被災地の復興への励みになってくれるといいと思うところであります。

関東地方にあっては、天候と風向きには依然注意すべし、といったところです。
それにつけても、メディアでの
「直ちに健康に影響はありません」
「それは単なる目安です」
という言葉、鵜呑みにはできませんな。
蓄積されて10年後にどの程度影響が出る、という科学的検証に基づく報道はどこも出していないし、試算しましたという形跡もない。
現時点ではここが、われわれの放射能にかかる不安の一番の根幹なワケです。
繰り返しで煽るわけではありませんが、福島原発に関しては依然として、高レベル放射能が出続けている状況です。

きゅんぱちの住む茨城県の情報ですと

産業技術総合研究所つくば中央第一事業所敷地内放射線測定

茨城県の放射線量の状況(再掲)

のいずれも、平常値より高い数値が並んでいます。
こういう数値をどう読み解いて日々の生活にどう注意していくことによって、蓄積されていく放射能による影響を最小限にできるか。
これはなかなか難しいことだと思いますが、手がかりになる情報を提供しているサイトはいくつかあります。

まずは拙ブログにおいて以前からご紹介させていただいている中部大学 武田邦彦氏のサイト。

随時更新され新情報が追加されています。
たしかにちょいと過激な部分のあるにはあるんですが、さまざまな情報整理に一助には十分なりうるところ。
勝谷誠彦氏つながりで川西琢也氏(金沢大学 理工研究域・自然システム学系 准教授)のブログ。

放射線量の健康への目安:東京大学医学部附属病院放射線科 中川恵一氏

以上が、今のところ拙ブログにて確認できる根拠ある精鋭情報です。
間違いやリンク切れがありましたらご指摘ください。
また新たに役立つ情報サイトがありましたら、コメント欄にてご一報を。
随時加筆修正してまいります。

特に関東地区の皆様方におかれましては、正確な情報を基に沈着冷静な対応を。

nice!(54)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 54

コメント 21

Silvermac

武田邦彦氏のサイト、私見も見ています。
予断を許しませんね。
by Silvermac (2011-03-22 08:00) 

OJJ

きゅんぱちさん、適切な情報を有難う。仰る通り一部偏見も感じますが、元衛生管理者の目から大筋は信じます。
何はともあれ福島原発のクールダウンを切望します。
「おいっ!ECCS,目を覚ませ~」
by OJJ (2011-03-22 09:03) 

okko

「日本の救世主になってください」・・・・なかなか書けるもんじゃありませんよ、なぜか、特攻隊を思い出して涙腺緩みました。
 詳細な情報、サンキューです。いたずらに風説に騙されまいぞ!
by okko (2011-03-22 11:37) 

chunta

自衛隊とか 消防の人とか
自己犠牲の精神は 未だ日本に残ってたと
感激しつつも 申し訳ない気持ち
風評被害も心配ですが
隠されるのも心配ですよね 管さんだけに・・・・・
こちらも ちゃんと調べて 勉強しなくちゃね 
by chunta (2011-03-22 22:02) 

夢空

情報サイト、ありがとうございますっ☆
by 夢空 (2011-03-22 23:39) 

Silvermac

涙のわけは海江田発言にあったような気がします。
by Silvermac (2011-03-23 06:00) 

PopLife

東電社長がついにゲロッパしましたね。
やれやれ・・・
by PopLife (2011-03-23 09:51) 

吉之輔

お早うさんです、情報サイト、ありがとうございます!
私にも茨城のひたちなか市に大切な知り合いが居ます
連絡も付かないので心配です。
お尋ね頂きコメント感謝です、此れからも宜しくね。
by 吉之輔 (2011-03-23 10:50) 

あら!みてたのね

こんにちは。
東日本大震災に被災なさった方々に心よりお見舞い申し上げます。
福島原発事故は東京消防庁ハイパーレスキュー隊、自衛隊の皆様のご苦労より一先ず落ちついてきました。
原発事故はいたずらに風評にのらないで、正確な情報を取捨選択が大切ですね。
by あら!みてたのね (2011-03-23 17:34) 

vivian

東京消防庁のハイパーレスキュー隊の隊長の涙・・・
私も泣いてしまいました。
私は何もしていませんが、同じ日本人として誇りに思い、
同じ日本人として嬉しかったです。

まだまだ安心は出来る状態ではないみたいですが
自分に出来る事を探して行動しています。
by vivian (2011-03-23 20:14) 

ペリフェラル

>あるいは「スリーマイル島の一歩手前でくい止めた」といえる段階になりつつあるようです。

もちろん、これ以上ひどくならずに収束してもらいたいと切に願います。
しかし、まだ「といえる段階になりつつあるようです」とは言えないようです。残念ながら。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110324-OYT1T00086.htm?from=main2

まだ越えるべき山はありますが、早くおっしゃるような段階になってほしいですね。
by ペリフェラル (2011-03-24 03:37) 

ちゃーちゃん

私もあの会見を聞いていて心からの言葉だったと感動しました。
ホントに頭が下がる思いです・・・ご家族の方々も、覚悟を決めて送り出していらっしゃるのですネ。
by ちゃーちゃん (2011-03-25 23:34) 

新危機管理研

ご訪問&nice!ありがとうございます。
情報は多くなっていますが、これはと言う情報が少ないように感じられます。

by 新危機管理研 (2011-03-26 11:26) 

吉之輔

こんにちは、ご訪問&コメント有難う、
先ずはお礼まで。ひたちなか市釈迦町の
知人は無事ですた。これからも宜しくね。
by 吉之輔 (2011-03-26 13:44) 

トモミ

いつも有難うございます。
茨城は関東の中でも大変ですよね。
お互いに、無理せず、頑張りませう。
by トモミ (2011-03-26 22:41) 

OJJ

大きな声では言えませんがBWRのタービン建屋はは真綿で首を・・信じたくない!
by OJJ (2011-03-28 10:37) 

Silvermac

自衛隊は暴力荘と発言の仙谷、天皇制・自衛隊反対の辻本が官邸に入っています。この政権は明らかに左翼の集まりです。
by Silvermac (2011-03-29 05:54) 

Ranger

某議員に、自衛隊地暴力装置といわれながらも
日本の平和のために家族を置いて行くんだよね
ボクの仲間たちも、たくさんいってます
by Ranger (2011-03-30 14:50) 

きゅんぱち

◎◎コメントレスが遅くなり恐縮です。
気鋭のコメンテーターの皆様にはいつもお世話になっております。


☆Silvermac さま
おぉ、すでに武田邦彦氏のサイトを御覧になっておられましたか。
さすがです。
(^-^)


☆OJJ さま
なるほど、そうですかぁ。
OJJ サン最新の記事にお書きになっておられるように、最悪の状態ではあるものの、「廃炉」に向けての処理という展開になりつつあるようですが、いかがでしょう。


☆okko さま
そうですよね、そうですとも。


☆chunta さま
おっしゃるとおりですとも。


☆夢空 さま
いえいえ、どういたしまして。


☆Silvermac さま
私もそうだと思います。
なにしろ、現政権は国家運営のリーダーたる基本的条件を端から満たしていませんよね。

   指揮官としてもっともやってはいけないことは
     状況の瀬戸際にあって大声を出す、
      怒鳴る、当たり散らすことである。

という視点では管総理・仙谷氏・海江田氏が、やってはいけないことをやってますよね。

まずは陰の総理大臣こと仙谷氏。
もはや山岳ベースでのリンチ感覚か(爆)。

「仙谷氏、東電怒鳴る=混乱にいら立ち−政府・民主」
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031401303&rel=j&g=soc

<「どういうことだ。俺を誰だと思っているんだ」。民主党の仙谷由人代表代行は13日夜、計画停電が病院や交通機関に与える影響を東電側に問い合わせた。しかし、明確な回答はなく、「ご不明な点はカスタマーセンターまで」と書かれた紙がファクスで送られてきたため、仙谷氏は担当者を怒鳴りつけた。>
まるで喜劇(爆)。
計画停電が病院や交通機関に与える影響は人工透析の患者を考えれば大きいものに決まっているわけで、仙谷氏自身にそこからの対応策がないところを見るとなると単なる責任転嫁、やっていることはまるでチンピラでしょう(爆)。
これに懲りずに管総理にけしかけたのでしょうか?

「撤退あり得ぬ、覚悟決めろ」
 =東電社員に大声−菅首相
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_199334

<「あなたたちしかいない。撤退など有り得ない。覚悟を決めてください」。東京電力福島第1原子力発電所の危機的状況が続く中、菅直人首相は15日朝、東京・内幸町の東京電力本社に乗り込み、危機管理対策に全力を挙げるよう東電関係者に強い口調で迫った。  首相は午前5時半すぎに東電本社に到着し、約3時間滞在。首相は「撤退した時には、東電は百パーセントつぶれます」とも強調した。>

確かに、東電の対応は怪しさに満ちているといえます。
しかし、1行目のハッパをかける台詞は愚劣なパフォーマンスというほかはない。

<「東電は百パーセントつぶれます」>。

ってさ、これは権力の座にある人間が民間の企業に向かって絶対に言ってはいけないこと。
菅直人は恫喝によって人の命を奪おうというのか。

Silvermac さんが御自身の記事でお書きになられているように、官僚をうまく使いこなせばいいだけの話なんですがね。
やはり人身掌握に長けていない証左なのかなと思いますよ。

とにかく現場の方々の精神力が心配です。


☆PopLife さま
ホントっすよね。
東電社長さんの出自も巷間皮肉られる始末。
こうした実態をも踏まえ、東証は早くこの銘柄を管理ポストに移すべきだと思うんですがね。


☆吉之輔 さま
それはそれは、心配ですよね。
ひたちなか市、素敵なところですからね。


☆あら!師匠
コメントありがとうございます。
まことにおっしゃるとおりです。


☆vivian さま
そうでしたかぁ。
それはよかったですよねぇ。
vivian さんのグルメブログを通して、これから復興していくであろう土地土地の方々が、夢と希望を持っていただけると良いなと思います。


☆ペリフェラル さま
たしかにご指摘の通りなんですよね。
東電がとにかく正確な情報を正直に公開してくれないことには、我々としては判断のしようがなくなってくるわけですから。


☆ちゃーちゃん さま
そうですよね。
当事者の方々の戦慄極まる作業現場の実態をつづった告白がそろそろ出てきてます。
労働基準なんてはるかに違反している実態が深刻です。


☆新危機管理研 さま
おっしゃるとおりですよね。


☆吉之輔 さま
そうでしたかぁ、それはよかった。


☆トモミ 先生
そうなんですよ。
住民相互に非常にナーバスになっていますね。
ま、ナーバスになってもどうしようもないんですけども(苦笑)。


☆OJJ さま
ウン百億の建設コストに未練を感じているからこの人災を招いたというほかはないわけですけれども、ともあれ、これ以上、この惑星に迷惑をかけない善後策を粛々と打っていっていただくほかはないというところでしょうな。


☆Silvermac さま
お気遣いのコメント、まことに感謝申し上げます。
おっしゃるとおり、極左の中の極左。


☆Ranger 隊長!
その某議員が先頭立って、陣頭指揮に行けと言いたいですよね。
誠に自衛隊の方々の活躍ぶりには、阪神淡路大震災のあの頃と同じく、頭が下がる思いです。
by きゅんぱち (2011-04-03 02:58) 

スミッチ

武田邦彦氏にサイト参考になりますね。だいたい原子力の専門家って原子力を推進するための研究とかでお金をもらって生きていますから原子力政策に不利になることはいわないでしょうね。
しかし、なんでも安全って言ってると誰も信じなくなることを感じないのでしょうかね
まあ武田先生はフリーな立場から意見を言ってられるので参考になります
今の技術は複雑になりなかなか政府に人間や官僚の手の負えるものではないでしょうね、おそらくいろん政策の元になってるのはメーカー技術者か怪しいコンサルタント会社が作ってると思われるので結局何もできないのかもしれませんね。これはほかの事でも問題になってますが
しかし原発の付近の人々への対応が不十分なような気がしますが、原発をまだ進めたいのなら、被害地区の人々への対応を十分しないと、誰も原発の誘致に賛成しなくなるなるし、現在ある場所の地区の人々からの風当たりも強くなるはずですが
by スミッチ (2011-04-04 23:25) 

きゅんぱち

☆スミッチ さま
コメントありがとうございます。
まさにおっしゃるとおりですよね。
きゅんぱちは「絶対安全な原発は容認する」立場です。
もちろん「絶対」なんて言う言葉はあまり簡単に使ってはいけないところではあります。
今回まさに「人災」と言えるのは、こういう事態を「絶対安全な原発として管理運営できなければいけない」政府・保安院・東電の3者がそろって「想定外」とヌカしているからです。
あの立場でその言葉を使ってはいけないですよね。
言い訳もたいがいにしろと言ってやりたいところですからねぇ。
ゆえにこの3者が発表することにことごとく信憑性がなくなってしまったというところが、リアルタイム、関東地方に住む我々の最大の不安感につながっているということなんです。
その意味で、前回記事の大前研一氏の映像コメントにもあるように、原発増設論以前に、暫定的に国有化せざるを得ないところでしょう。
by きゅんぱち (2011-04-04 23:54) 

コメント推敲コーナー

お名前[必須ですよ^^]
URL:
お気軽にコメントをどうぞ^^
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認した「まともな」トラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのない「あやしい」トラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。